地域レポート

戸塚駅西口 11ブロックからなる絆体験ゾーン"戸塚パルソ"
戸塚パルソ

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」 毎月1回メールマガジンをお届けします。

ホーム »戸塚パルソ通信@メール

戸塚パルソ通信@メール 第46号

地域情報

2016年10月

一級技能士のなかむら経師表装店で爽やかな新しい年を迎える準備

横浜で創業。地域に愛されて一世紀になる「なかむら経師表装店」。大量生産、工場製作とは一味違う匠の技で、障子やふすまを蘇らせてみませんか?

障子・ふすまの張り替え

職人が仕上げる障子・ふすまは一味違います。
特にふすまは、下張りにこだわります。軽いのに丈夫で、すーっと動くのが職人技。その違いは、一度体験したら忘れられません。

衝立・掛軸・屏風の修復・仕立て替え

新年、玄関先や床の間を整えてお客様をお迎えするとき、目を引くのが、衝立であり、掛軸や屏風です。代々引き継がれる家宝と言えるものは、決定的に傷む前に修復しましょう。 子々孫々にまで受け継いでいってもらうために、今、が大事です。年々職人の数も減っており、修復や仕立て替えが難しくなってきているという現状もあります。100年先のために、ぜひ一度ご相談を。

思い出の品を長く活かす

書画や刺繍を裏打ちして長持ちさせることができます。思い出の着物や帯を額装したり色紙掛けに仕立て替えすれば、別の形で活かすことになります。傷んでしまった額の修理もいたします。

思い出の帯が色紙掛けに。使い込まれた染みも味になります。

匠の目で、一番いい方法をご提案します。

これらのことでご心配ごと、ご相談ごとがある方は、お気軽にご連絡ください。
経師・表装は各家ごとに全く違うと言っても過言ではありません。費用を抑え、かつ、長持ちする方法をご提案するには、その状態を目で見て確認する必要があります。時々、写真をお持ちになる方がありますが、お写真では素材の状態、痛み具合などが正確にはわかりません。最近の工業製品では、そのままの形では修繕できないものも増えていますが、なかむら経師表装店は、職人のプライドにかけて、お客様により良いお答えができるよう、努めてまいります。残したいものをお持ちの方、お気軽に声をお掛け下さい。

◯なかむら経師表装店

住所 〒244-0003 横浜市戸塚区戸塚町16-19
電話 045-881-0817
営業時間 9:00〜18:00
定休日 日曜日、年始

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」

毎月1回メールマガジンをお届けします。

メルマガ登録はコチラ

  • 戸塚パルソ振興会事務局

    〒244-0003
    神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-5
    E-mail:info@totsuka-pallso.jp

PAGE TOP