戸塚宿を行く

戸塚駅西口 11ブロックからなる絆体験ゾーン"戸塚パルソ"
戸塚パルソ

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」 毎月1回メールマガジンをお届けします。

ホーム »戸塚パルソ通信@メール

戸塚パルソ通信@メール 第38号

戸塚宿を行く

vol.014-02

末広がりで縁起がいい?戸塚の八つの八幡様2

冨塚八幡宮から発祥したと言われる「とつか」の地名。神奈川県神社庁のHPによると戸塚区内に8つあるという八幡宮の内、今回は五社を巡ります。

○増威八幡社(小麦八幡)

祭神の表記は「品陀別命(ほんだわけのみこと)」。その他、全八柱の祭神を祀り、境内には弁天宮まである。
天平元年(西暦729年)の六月十五日に創建されたと伝わり、これは八幡社本宮である宇佐八幡宮の創建とほぼ同時。戸塚の中川、川上地区内では最古の神社とされる。
源義家が立ち寄った際に神社の名を尋ね、神職が苗字である「増井」と答えたところ「増威(威を増す)とは吉兆」と喜んだところから「増威社」と呼ばれるようになったという。
祭礼に小麦で作った捧げ物をするので、別名「小麦八幡」という。
真言宗長蔵寺と隣接する様子は、明治以前の神仏習合の様子を色濃く残す。

本殿 明治時代頃の額。「増威社」とある。

○篠塚八幡社

鎌倉時代の正応年間(西暦1288〜1293年)に五穀豊穣・天下泰平を願って創建されたと伝わる。もともとは本殿と拝殿が別々になっていたが、昭和41年(西暦1966年)に覆殿が作られ、一体化された。

○子之八幡社(ねのはちまんしゃ)

祭神は大己貴命(大国主命)と誉田別命(応神天皇)。もともとは大己貴命を祀る子之神社(ねのじんじゃ=大己貴のお使いであるネズミを表す)だったが、大正四年(西暦1915年)に上倉田の八幡宮が焼失したため、祭神である誉田別命を合祀して、名前も子之八幡社に改めたという。

拝殿後ろの丘の上にある「子の八幡社子供の遊び場」。

○下倉田八幡神社

創建年月日などは不明。新編相模風土記には村の鎮守としてしるされていたという。

○舞岡八幡宮

乾元元年(西暦1302年)、空に白旗が舞うという奇瑞が起こったことから、当地の村名を舞岡村に改め、石清水八幡宮を勧請して八幡宮を創建したという。明治四十一年には、村内の第六天社・若宮八幡社・御嶽社などを合祀し舞岡神社と称したが、昭和四十一年に、旧に復した。
毎年四月十五日には、「湯花神楽」という特殊神事が行われている。

戸塚区内の8つの八幡宮を巡ってみました。区内南北に幅広く分布し、そのいわれや歴史も多様で、八幡宮(八幡神社)という名前で一つにくくってしまうことはできませんね。とても奥深さを感じました。

参考:とつか歴史探訪(戸塚見知楽会 2011年発行)

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」

毎月1回メールマガジンをお届けします。

メルマガ登録はコチラ

  • 戸塚パルソ振興会事務局

    〒244-0003
    神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-5
    E-mail:info@totsuka-pallso.jp

PAGE TOP