相鉄フレッサイン横浜戸塚

戸塚駅西口 11ブロックからなる絆体験ゾーン"戸塚パルソ"
戸塚パルソ

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」 毎月1回メールマガジンをお届けします。

ホーム »パルちゃんのおしゃべり大好き

パルちゃんのおしゃべり大好き

支援カードスポンサードについて!!

突撃インタビュー企画!!

「がんばろう日本 支援カード」のスポンサー、
相鉄フレッサイン横浜戸塚さんを訪ねました。

昨年(平成23年)の12月から開催されている「とつか青空画廊」のスピンアウト企画。
「とつか青空画廊」には、東日本大震災被災地への応援メッセージとともに、戸塚区新総合庁舎の建設現場仮囲いに展示されている7点をはじめとして、県立上矢部高校の美術・陶芸コースに在籍する生徒から40点以上の作品が、よせられました。
それが今回、さらに具体的な被災地支援活動として動き出しました。 戸塚アートプロジェクト(TAP)が協賛広告付きのポストカードを作成し、制作費の一部が、被災地への支援活動に活かされます。
今回は、「がんばろう日本 支援カード」第一弾をスポンサードされた「相鉄フレッサイン横浜戸塚」さんに伺いました。

西原純一郎(にしはら・じゅんいちろう)支配人と、「支援カード」を担当された、中出勉(なかで・つとむ)さんに伺いました。

パルちゃん:「がんばろう日本 支援カード」の第一弾ということですが、出来上がりをごらんになって、いかがですか?

中出さん:昨年の12月、当ホテルで「とつか青空画廊」の表彰式を行っていただきました。皆さんの情熱を感じて、とてもすばらしい試みだと思ったのですが、それが、今、こういったカタチで、さらに発展した姿を見ることが出来て、とても嬉しいです。

パルちゃん:西原支配人は、こういった、アート作品にはお詳しいんですか?

西原さん:自分は不器用なので、絵を描いたりしませんし、あまり知りませんでした(笑)。けれど、このカードをお客様、特にお子様にお勧めすると、とても喜んでいただけて、お話のきっかけになります。

パルちゃん:「支援カード」に、どんな感想がありましたか?

西原さん:やっぱり「かわいい!」とか「爽やか」とかが多いですね。お客様とのコミュニケーションが取れる上に、それが被災地支援にもつながるとなると、とても良いことだなと思います。作品が形になってゆくことで、アーティストの卵の皆さんのいい思い出になり、世界で活躍する戸塚出身のアーティストが、地元にまた戻って来てもらえるような、そんな流れを作れるといいですね。

パルちゃん:今後、戸塚のアート活動に、どんな期待をされますか?

西原さん:当ホテルは、デザイナーによるプロデュースで、アート感覚を活かした空間をつくることをコンセプトにしています。戸塚地域のアート活動と、直接どんな関わりあいが出来るかは分かりませんけれど、街が明るく、和む空間になってゆくために、アートはとても効果的だと思います。 こういった活動が、多くの方がアートに親しむきっかけになると嬉しいです。実は、今回の「支援カード」をきっかけに、私も「たまには美術館に行ってみようかな」なんて思い始めた一人です。

パルちゃん:ありがとうございました。

お店情報

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」

毎月1回メールマガジンをお届けします。

メルマガ登録はコチラ

  • 戸塚パルソ振興会事務局

    〒244-0003
    神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-5
    E-mail:info@totsuka-pallso.jp

PAGE TOP