パルソの星

戸塚駅西口 11ブロックからなる絆体験ゾーン"戸塚パルソ"
戸塚パルソ

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」 毎月1回メールマガジンをお届けします。

ホーム »

パルちゃんが聴くあなたのやる気スイッチはどこ?

相鉄フレッサイン横浜戸塚・パートナー社員

vol.001

中山千尋さん

戸塚パルソではたらく従業員やスタッフのみなさんをクローズアップする、「パルソの星」。がんばる姿を見かけたら、応援よろしくお願いします。

第1回は、「ビジネスにもレジャーにも 便利な戸塚駅唯一の駅近ホテル」「ワンクラス上の快適空間で過ごす時間」の、相鉄フレッサイン横浜戸塚のパートナー社員・中山千尋(なかやま ちひろ)さんにご登場いただきます。

○ターニングポイントになった二つの「震災」

中山千尋さんがホテルパーソンをめざしたのは、まだ幼かった頃。家族での海外旅行中に、阪神・淡路大震災が起こったことがキッカケでした。

ご両親の仕事の関係で、その時、たまたま神戸に住んでいた中山さん。日本で何が起こっているのかわからず、帰国の予定も立たない不安の中、滞在先のホテルの皆さんから受けた気遣いがとても嬉しく、かっこ良く見えたと言います。

加えて「非常時には、ボランティア精神を発揮するのが当然」と、さりげなく振る舞う彼らの姿に、中山さんは大感激します。それ以来、将来の目標は、“ホテルで働くこと”と、“ボランティアの精神で誰かの役に立つこと”と決まったのでした。

大人になった中山さんは、見事にその夢を叶え、福島でホテルの仕事に就きます。“さあ、これから”と、意気込んでいた矢先のこと。
福島を東日本大震災が襲ったのです。

中山さんは、避難を余儀なくされます。知人を頼って神奈川県に移り住むことになったのですが、ホテルで働く夢は捨てませんでした。

そして、中山さんは、相鉄フレッサインと出会うことになるのです。

○「おもてなしの精神」で世界との架け橋に。

相鉄フレッサインで働いて良かったことは「自分のライフスタイルに合わせた仕事ができること」と中山さんは言います。

「相鉄フレッサインは、ホテルの仕事以外の、プライベートなスケジュールにも配慮してくれます。先輩や同僚も、趣味を活かした活動やダブルワークで、充実した生活を送っている方が沢山います。私もボランティア活動に本気で取り組むことが出来て、とても嬉しいです」

着々と夢を実現させている中山さん。次の夢のステップを、こう話してくれました。

「語学力を付けて、海外からのお客さまに、今以上のおもてなしが出来るようになりたいと思っています。戸塚は大きな事業所も多いので、海外からのビジネスのお客さまにもご利用いただいています。相鉄フレッサインを気に入っていただいて、プライベートでもご利用いただくことがあります。お客さま一人ひとりと最適なコミュニケーションを取ることを心がけて、多くの方にご満足いただきたいです。微力ですが、世界と日本の架け橋になれたら良いですね」

08:00 出勤
フロントスタッフ引き継ぎ


09:00
チェックアウト業務
当日予約最終チェック
翌日予約チェック


11:00
昼バッチ作業(売上の締め・システムの日付更新)


12:00
昼食


13:00
メールチェック
ネット予約チェック


14:00
アメニティ補充
荷物部屋入れ


15:00
チェックイン業務
フロントスタッフ引き継ぎ


17:00 退勤


※電話対応随時(予約など)

※以上、日勤スケジュール


○「接客コンテスト」でヤル気スイッチオン

「相鉄フレッサインでは、定期的に社内で“接客コンテスト”を開催しています。私も参加するのですが、入賞者の方のレベルに早く追いつきたいと、強く思います。 入賞者の方の接客を見ると、『あんな風になりたい』とヤル気がわいてきます。 お客さまのご要望に手際よくお応えするのは当然で、入賞するような方は、ご要望のワンランク上のサービス、一歩先の情報のご提供ができ、お客さまに感動していただけるんです。私も、自然な笑顔で、そんなおもてなしが出来るようになりたいですね。」(中山千尋さん)

相鉄フレッサイン戸塚
住所 〒244-0003 横浜市戸塚区戸塚町16-8 MSビル2階~9階
電話 045-860-2031
営業時間 24時間営業
定休日 年中無休
URL

http://fresa-inn.jp/totsuka/index.html

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」

毎月1回メールマガジンをお届けします。

メルマガ登録はコチラ

  • 戸塚パルソ振興会事務局

    〒244-0003
    神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-5
    E-mail:info@totsuka-pallso.jp

PAGE TOP