戸塚宿を行く

戸塚駅西口 11ブロックからなる絆体験ゾーン"戸塚パルソ"
戸塚パルソ

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」 毎月1回メールマガジンをお届けします。

ホーム »戸塚パルソ通信@メール

戸塚パルソ通信@メール 第24号

戸塚宿を行く

vol.009-03

学業成就のパワースポット3【永谷天満宮・日限地蔵】

勉強は、一に努力、二に努力、とにかく本人の努力なくして、何も実を結ばないのは当然のことですが、アシストしてくれるパワーがもらえたら、それに越したことはありません。
ちなみに戸塚パルソに加盟する「森塾戸塚校」「湘南ゼミナール戸塚西教室」に伺ったところ、森塾の生徒さんは「冨塚八幡に行くことが多い様です」、湘南ゼミナールでは「修学旅行のついでに北野天満宮」「出雲大社」「伊勢神宮」、とのこと。
地域の鎮守様から日本有数の大神宮まで、みなさん、それぞれのパワースポットにお参りされている様です。

○永谷天満宮

戸塚駅から市営地下鉄で6分。上永谷駅から歩いて5分。永谷天満宮は「日本三躰」のひとつという希少な天満宮です。

天満宮の祭神・菅原道真公は、自身の像を3体制作されたと言われます。現在、太宰府天満宮、大阪の道明寺と、ここ永谷天満宮に安置され、これを「日本三躰」と呼びます。

永谷天満宮の神像は、菅原道真公が子息・菅原淳茂公に託した特別なもの。菅原淳茂公は、菅秀才の名で歌舞伎「菅原伝授手習鑑」にも登場します。父にも匹敵する学才と、将来を嘱望されますが、政争に敗れて下野ののち、相模永谷郷、つまり当地にて、余生を送ったとされます。

永谷に住まわれた菅秀才こと菅原淳茂公は、菅原道真公の神像を奉り、そこがやがて永谷天満宮となります。菅“秀才”に篤く信仰された神像がご神体である永谷天満宮は、学業成就の御利益がひときわ大きいと期待できそうです!

○日限地蔵

続いて下永谷の日限地蔵をご紹介します。

正式には「八木山福徳院」というお寺です。特に学問に関する神仏を祀るお寺ではありませんが、こちらの御利益は「日付を区切って祈願した願いごとが叶う」というもの。
日限地蔵の「日限」とは「○○日までに願いを叶えます」という宣言のようなものなのだとか。

目標達成の為には、具体的なスケジュールを決めるのが大切と言いますが、日限地蔵はまさにその体現。受験日が決まっている受験合格を祈願するには、これほど適したお寺もないかもしれません。

---information---

■永谷天満宮

  • 神奈川県横浜市港南区上永谷5ー1−5

■日限地蔵(福徳院)

  • 神奈川県港南区日限山1ー67−30

戸塚応援マガジン「戸塚パルソ通信@メール」

毎月1回メールマガジンをお届けします。

メルマガ登録はコチラ

  • 戸塚パルソ振興会事務局

    〒244-0003
    神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-5
    E-mail:info@totsuka-pallso.jp

PAGE TOP